アーカイブ | 10月 2016

  • クラミジア検査とユナシンによる治療と神経症の症状

    性感染症と呼ばれる病気にも様々な種類がありますが、クラミジアは特に多い病気となっています。 初期の頃はあまり症状が出ないこともあり、知らずのうちに進行してしまうこともありますし、他の人に感染を広めてしまう可能性もありますので、気になる症状がある場合はクラミジア検査を受け、感染がないか確認してみましょう。 クラミジア検査は血液検査、尿検査、さらに女性の場合はおりものの検査も行われます。 そして性病は性器だけではなく、のどにも感染しますので、のどに感染がないかも調べていきます。 感染がなければとりあえず安心と言えますが、感染が確認された場合は早めに治療を行っていきましょう。 治療は主に薬物で行われています。クラミジアの治療に役立つ薬にも様々な種類がありますが、ユナシンもよく選ばれている薬のひとつです。 ユナシンの有効成分はスルタミシリンでペニシリン系の抗生物質です。ファイザー製薬によって開発された薬で淋病やクラミジアなどの性感染症の治療に役立つことはもちろん、外耳炎や中耳炎、膀胱炎、尿道炎、歯の感染症、皮膚の感染症など様々な治療に役立てられています。 下痢や血便などの副作用が出ることもありますので、医師の指導を守り正しく服用していきましょう。 心の病気と呼ばれる病気にも色々な種類がありますが、神経症も多くの人が悩む症状のひとつです。 神経症にも様々な症状があり、強く不安を感じたり、動悸などの体の症状が伴うこともあります。 常に漠然とした不安を感じる、気持ちがふさぐ、悲観的になる、不必要があることがわかっていながら、ある行動を止められないという場合もあります。 治療では抗不安薬などの薬が使われたり、行動療法で改善していく場合もあります。