クラミジアの放置は危険、男性もクラミジア検査を

クラミジアは性病の一種で、非常に感染率の高い病気です。男性の方で、夜遊びが激しい方はひょっとすると感染している可能性もあります。まずはクラミジアの危険性について、正しく理解し、少しでも不安を抱いた方はクラミジア検査を受診しましょう。

クラミジアの症状としては、排尿時の軽い痛みや違和感を覚える、尿道からの膿がでてくるといったものがあります。しかしながら、こうした自覚症状があれば感染していることがわかりやすいのですが、クラミジアは自覚症状が出にくいという恐ろしい特徴があります。そして、気づかないうちに症状が悪化し、前立腺炎や血精液症といった新たな病気へと発展させてしまうのです。また、クラミジアに感染すると、免疫力が低下するため、他の病気にかかりやすくなってしまいます。中でもクラミジアにかかっている人は淋病にもかかっているケースが多いとも言われています。

自らだけに症状がでるのであれば、身から出た錆ということで諦めもつくのですが、クラミジアは感染率が非常に高いため、パートナーの女性に感染させてしまう可能性が非常に高いのです。女性の場合、クラミジアに感染すると、不妊症の原因ともなってしまいますので、深刻な問題に発展してしまいます。しかしながら、女性の場合も自覚症状が出にくいため、中々気づかないことが多いのです。

「性病対策として、夜遊びの時はコンドームをつけているから大丈夫」とお考えの人もいるかもしれません。しかし、クラミジアはオーラルセックスにより、喉にも感染しますので、フェラチオやクンニリングスでも感染してしまいます。最後の行為の際にコンドームを装着している人は対策としては不十分なのです。

こうして考えると、夜遊びが激しい方だけではなくても、不安を覚える方はいらっしゃるのではないでしょうか。少しでも不安を覚えた方はクラミジア検査をしてみましょう。